タダリスSXの偽物は偽物っぽい!正規ジェネリックなら安いパッケージ作りでも安心ポイント!

タダリスSX

タダリスSXは正規ジェネリック品として海外通販で購入が可能です。しかしながら、所詮、インド製品ですのえパッケージの品質はお粗末かもしれません。
これは欧米の製品でもこの傾向があり、特にインド製だからという事ではなく、日本製がちょっと高品質で異常なのかもしれません。

タダリスSXの偽物を購入しない通販サイトの利用方法

タダリスSXの偽物で心配とされる理由としては、先発薬のシアリスの偽物が少なくないからだと思います。この先発薬の偽物ブームは20年以上前のバイアグラから始まっています。

結論から言いますと、タダリスSXで偽物を入手する事が難しいです。偽物が作られるのはブランドバックのように対コストに対する利益です。

タダリスSXの偽物は何故、見当たらないのでしょうか?

タダリスSXの偽物は何故、見当たらないのでしょうか?

タダリスSXの偽物が見当たらないのは、そもそも販売価格が安価な正規なジェネリックだからです。

分かりやすいのはLV,グッチのバックや財布でしょう。材料費、労務費などに対して販売益が大きいのがブランド品です。この点でタダリスSXの先発薬のシアリスはブランド力?があるとして高く販売できるので偽物が出回りやすいとの考えです。つまり、もし、偽物を作る業者からすれば300円/錠のタダリスSXと3,000円/錠で販売できるシアリスならば、同じコストであれば、どちらを作って販売するでしょうか。

そもそも、仕入れの原価はもっと安いのでしょうから、メーカー製と価格競争となってしまうのでしょう。ですので、低価格のタダリスSXのいては偽物製造で利益を得るには、そもそも限界があります。

同じコストでも包装するパッケージが「タダリスSX」とするか「シアリス」とするかで設定する販売価格が10倍位の差が生まれてしまします。

タダリスSXの製造方法はいたって簡単

タダリスSXだけでなく、先発薬のシアリスも同様ですが、そもそも薬の製造自体は難しくはありません。医薬品の製造でもっとも難易度が高いのが新薬の開発でしょう。
タダリスSXにしても成分のタダラフィルを錠剤に合固めただけですので、機械さえあれば簡単です。
簡単ではありますが、設備や材料への先行投資が必要ですので、販売価格に10倍程度の差があるタダリスsxのような安価なジェネリックを製造・販売するのは頭が悪いですよね。

タダリスSXを通販サイトで購入も信頼第一

タダリスSXがそもそも安価であるので利益も小さいため通販サイトでの販売は、通販サイト側からすれば薄利多売となります。

また、会員登録を促したり、ポイントやクーポンを配布したりと、何度も購入してもらう必要が必要があります。つまり、多くの人に何度も購入してもらう必要があるので、多少利益が高くても偽物を販売することで悪い口コミで客が逃げていくので通販サイト側からしても避けたい行為にもなります。

現代は、SNS社会で間違っても「偽物」や「模造品」を取り扱えったり、健康被害を出したりしたら悪評からサイトが運営できなくなります。

また、故意でなくても偽物販売のリスクは、通販サイト側が自ら「成分検査」などをして、取り扱い商品の品質や本物の確認をする意味があります。

つまり、通販サイト側からしても、仕入れ先が偽物を扱っていれば、今後一切取引をしないですから、必然的に偽物が淘汰されてきます。

シアリス系の偽物ランキング(順位が低いほど安全)

以下では偽物が作られやすいく並べてみました。順位が低いほど安全に購入ができるとされています。

以下は成分、効果、効能的には「全く同じものです」。異なる点は製造メーカーです。
海外では「正規ジェネリック」でも正規メーカーがではない「町工場?」で作られた薬もあるので注意が必要です。

第3世代のED治療薬の正規ジェネリックのタダリスSXは世界で1番人気のED治療成分が使われている薬です。その成分のタダラフィルは他のEd治療薬にはない特徴があります。
以下の3つの特徴がタダリスSXを有名にしてくれています。
・食事の影響の受けにくさ
・最長36時間におよぶ効果の持続時間
・穏やかな作用で体への負担が小さい(デメリットでもあり効果が出るまで時間がかかる)

特に3つ目の「穏やかな作用」というのは、ED患者と高齢者の関係から体に優しい作用ととして選択されています。

シアリス20㎎
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Cialis20mg-4.png製品名:シアリス20㎎(みんなの先発薬)
特徴(偽物):やはり本家本元でジェネリックが発売されていますがブランド名だけで販売価格が1錠3,000円越えもあり。相場としては2,500円前後でとなっており、ネット通販でも価格的には多少安価なだけです。
・すでに医薬品の特許保護期間が終了している事もあり、複数のメーカーよりシアリスのジェネリックが販売されている。国内でも正規ジェネリックは発売されているが、日本国内では厚労省にて「薬価」で価格が決められているので自由な競争にはなっていない。
・このような点からも外国製のシアリスも高額取引をしているため偽物が流通されやすい。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: no2.pngメガリス20㎎
メガリス20㎎は海外ジェネリックとしては、少し新しい「Macleods社」ブランドのシアリス系のED治療薬です。比較すると取り扱いサイトが少ないこともあり、市場価格は少し高めになっています。同社は欧米にも支社があることでジェネリックの中でも多少、ブランド力がある方ではないでしょうか。
そのため、同じ成分(コスト)でも比較的高めで取引をしているため偽物が市場が形成されやすい。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: no3.pngタダシップ20㎎


タダシップ20㎎タダリスSXと同じく低価格のED治療薬です。ただし、こちらもシプラ社という欧米など海外に支社をもつ大手製薬会社という事で、海外ブランド力から偽物も作られやすい土壌があるのではないでしょうか。実際、タダシップ20㎎はこちらも低価格ですのので、タダリスSXと比較してタダシップが低価格のときは、こちらを選択しても良いでしょう。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: no4.pngタダリスSX20㎎
タダリスSXはED治療薬では知名度があり、バイアグラ、シアリス、レビトラのすべての正規ジェネリックを製造・販売しているインドの大手アジャンタファーマ製です。特にバイアグラジェネリックの有名なカマグラブランドはゼリータイプも生み出した信頼と実績があるメーカーです。
タダリスSXは人気があるメーカーの製品ですので、市場での流通量も多いがために、もし偽物が出てくればすぐに噂になるため、取り扱うサイトでも慎重に成分検査等でのチェック体制を持っているようです。

偽物シアリスと無名メーカーの危険性

偽物や模造薬品は中国をはじめとした韓国やタイなど、アジア諸国で製造されています。近年ではED治療薬は低価格になりジェネリックの知名度、信頼度も上がり、偽物市場では利益が出にくくなっています。その代わり「健康食品」や「サプリメント」に添加できない医薬成分を混ぜて高額販売する業者が増えています。

「健康食品」や「サプリメント」には「医薬品」は避けたいユーザの一定の需要があるようです。しかし、効果がない、もしくは小さいのでは繰り返し購入をしてもらえないですし、SNSでも話題が得られない。そのため、混ぜてはならない成分を混ぜたりして、定期的に税関で発見されるようです。

これらは、単なる医薬成分が混ぜられているのが危険ではなく、多くの場合が資金力がない小さな工場の不衛生で劣悪な環境で製造されているのが摘発されています。
中には有害な成分が含まれている物もあり、最悪の場合には健康に被害を及ぼすことさえあります。

参考:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ(厚生労働省)

怪しいメーカーのエプシロン社は本当に大丈夫か?

タダリスSXのような正規ジェネリックは偽物が作られにくいのは、作っても価格競争が起きているため、安値で販売されています。ここにきて、最近よく見かけるのが「エプシロン」製の医薬品です。

インド製でありながら、パッケージが日本語で演壇も安価な設定となっています。

これが大手メーカーならば大変うれしいのですが、実はこのメーカーですが会社情報がありません。

最近は「エプシロン」と名乗っているようですが、過去の情報を探してみると以下のように社名変更しているようです。ネットでいくら調べても、本当に存在するメーカーなのか情報が出てきません。

まずは、2016年に「Smart Mediscience Private Ltd」として設立、
その後、スマートメディサイエンス社(Smart Mediscience Ltd)へ、レクメズ社へ、
近年では「エプシロン社」として社名を転々と変更しているようです。

インドに会社を設立しているようですが、メーカーの連絡が先が一切ありません。
説明書やパッケージにも会社情報の記載もなく、会社ホームページもないので、本当に死人がでないのか心配ではもあります。
同じ成分を使用しているという点ではシアリスのジェネリックの分類であるかもしれませんが「シアリス」の名前を使っていないので偽物ではありません。

しかしながら、会社の情報が分からない怪しいメーカーです。
もしかしたら恐らくインド政府の認可も得てないのではないでしょうか
恐らくこのような劣悪な製造環境で製造しているのではないでしょうか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5-2.jpg

効果があるかもしれませんが、どんな健康被害があるのか分かりませんので注意が必要です。

偽物を見分ける方法

タダリスSXも偽物は基本ないのでしょうが、それでも100%ないとは言い切れません。
もしかしたら偽物があるかもしれませんし、偽物を作る必要な技術は低いので可能性はあります。

まずは安心できる大手メーカー製をご選択ください。

タダリスSXは単なるED治療薬の老舗というだけでなく株式上場もしているメーカーです。

https://www.mitsukoshiya.com/AjantaPharma(アジャンタファーマ社)

見た目で見分ける

残念ながら専門家でも成分検査でもしない限り、本物か偽物の見分けは見た目では出来ないかと思います。明らかに手抜きのコピー品ならば別ですが、商売としてに偽物を作るでしたらバレないようにしっかりと品質確保しているでしょう。
ですので、通販サイトでも定期的に仕入れた製品の成分検査を行い、自社の取り扱い製品に問題があない事を確認し、お客様に提供をしていることになります。

ブランドのカバンや財布などならば、縫い方や素材の良し悪しで目利きができるでしょうが、医薬品に関しては錠剤の製造もパッケージの印刷もさほど難しいモノでなく本物とさほど違いがないものを作ることも可能です。

しかしながら、明らかに異なる「仕様」であったりすれば偽物の判断はつきます。いまだにあるのが、「偽物」前提の市場なようです。

特に解りやすいシアリスの偽造の薬としては、錠剤に「C100」や「C50」と刻印されたものになります。シアリスはメーカー仕様では20㎎/錠が最大サイズは「C20」と記載されています。
*本物のシアリスは5~20㎎錠までしかありませんが、C100ですと上限の5倍の成分量なようですので危険ですね。

価格で見分ける

価格での見分けに関しては、特にタダリスSXのような安価なジェネリック品では意味がないでしょう。なぜなら、殆どのインド製のジェネリック品は非常に安価で、日本人が購入する場合の価格のほとんどは国際便の送料分となっているはずです。

インドの医薬品の通販サイトを翻訳してみてもらえば、現地での販売価格が分かるかと思いますが、信じられないくらい安価で取引がされています。

インドの大卒の給与の初任給は4万円/月位を目安に考えると現地の物価が見えてくるのではないでしょうか。

言いたいこととは、安価だからといって偽物とは言えませんし、高いからといって本物だと判断はできません。

効果、効能の効き目で判断する

飲んでみて判断する!まあ、それが一番でしょうが。単に効果の有無が問題ではないですよね。

これはED治療薬が自分には効果があるか否かの判断には良いでしょうが、購入した商品が本物か偽物かの判断を服用して試すというは危険ですね。

飲んで健康被害(腹痛や下痢など)が発生するレベルでは良いのですが、重篤は症状がないとは言えません。

2020年12月に発覚した福井県のジェネリック=後発医薬品メーカー「小林化工」が製造した水虫などの真菌症の治療薬に睡眠導入剤の成分が混入した不祥事でした。

服用後に意識を失うなどの健康被害が出た人は240人以上に上り、中には車の運転中に事故を起こしてけがをするなど深刻なケースもありました。
国が承認していない工程での製造を行っており、違法行為を15年以上前から認識しながら黙認していた。

業務停止命令を受けたメーカー
▼2021年
・2月 9日 小林化工(福井) 116日間
・3月 3日 日医工(富山)32日間
・3月26日 岡見化学工業(京都) 12日間
・8月12日 久光製薬(佐賀) 8日間
・9月14日 北日本製薬(富山) 28日間
・10月11日 長生堂製薬(徳島) 31日間
・11月12日 松田薬品工業(愛媛) 65日間
・12月24日 日新製薬(滋賀) 75日間
▼2022年
・3月28日 共和薬品工業(大阪)33日間

国内でも大手医薬メーカーが事件を起こしているのですから、飲んでみて治療効果の有無で偽物判別をするのは頭が悪い方法ですよね。
変な副作用がないように口にする前に判断をしたいですね。

タダリスSXは偽物ではないので信頼がおけるサイトから購入

結局は、海外から安価で手軽にED治療薬を入手したいようでしたら、信頼のおける運営歴が長いサイト(個人輸入代行)をご選択ください。
残念ながら、どちらも通販サイトも海外拠点で営業をしてろい従業員やオーナーの多くが日本人ではありません。そのため、日本人運営と同等のサービスを品質を得るのは難しいとは思いますが、取り扱っている製品に問題があればSNSや2CHなどの口コミで叩かれるので、長く運営してるサイトならば、正規品を取り扱っている可能性は高くなります。

まずはサイト名でGoogle検索をしてみてください。まったく悪評が見当たらなければ、特に問題はないかと思います。

そもそも、詐欺や取り扱っている商品で健康被害でも発生していれば、警察が動いて支払い用の銀行口座が凍結などとなり、そもそも営業を継続できないはずです。

まとめると、安全なED治療薬は、

1.タダリスSXのような大手製薬メーカー製のジェネリックが安全。

2.サイト名で噂を検索してみる。

無意味は判別法は、サイト内のレビューです。これは、サイト管理者が自由に修正できるので本当のレビューではないと判断できるからです。

そして、繰り返しますが日本サービス業は世界の基準からすると高品質です。
海外から医薬品を購入する場合は、多少、対応が悪いサイトでも安価なジェネリックを購入するには仕方ありません。それを我慢できるから安価で手軽に購入ができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました