シアリスと健康体的にED改善(佐藤弘道公式ページ)

シアリスとうんこ坐りスクワットでED治療の勧め!
年齢と共に男性自身の活力がなくなって来ていませんか?

「医学的根拠のある方法」とAVしみけんもやっている「うんこ坐りスクワット」で勃起不全を解消!

今ならポイントいつもより多くプレゼン中です。

勃起力を鍛えるならばテストステロンを増やせ!

シアリスのようなED治療薬では勃起不全の根本原因を解消し、本来持っている男性力(勃起力)を復活させます。
血流増加する効能もあるので、+αの勃起力があります。

年齢と共に立ちが悪くなった場合は、本来の力が衰えている場合もあります。

つまり、勃起力を鍛えるならテストステロンを増やせ。

最近立ちが悪くなったと感じたらそれは、原因が2種類
1.テストステロンの不足(多少の努力が必要)
2.cGMPの減退(シアリスで解決)

テストステロンは男性ホルモンの約90%を占める

成人男性が精巣で1日に分泌する量は7mg程度で、勃起をはじめとする性機能関わる他、筋力量を増やし、認知機能も高める。

テストステロンの分泌量は加齢と共に低下する。
精巣の分泌組織が減ったり、その分泌を促すホルモンが減ったりするのがその理由だ。
シアリスでEDの原因のPDE5を分泌を抑えても男性器の血流が心持たない。
しかも、テストステロンの中でも男性ホルモンとして活性が高い生物学的活性化テストロンは、20歳から右肩下がりで減り続けます。

勃起力の低下意外に、集中力や記憶力の低下、筋力ダウン、疲労感、不眠といった自覚症状があるなら、テストステロン補充療法を受ける前に、ちょっとした努力でテストステロンは増やせる。

筋トレに励みテストステロン値上昇

トレーニング直後にテストステロン値は上昇し、その後しばらくの間キープされる。
さらに筋トレを習慣にしていると、筋力の細胞でテストステロンをキャッチする受容体の数が増える。
受容体が増加すれば、テストステロンの威力がアップする。

そこで手軽にできる「うんこ坐りスクワット」
*AV男優のしみけんもやっている「うんこ坐り」トレーニング

股関節、膝関節、足首(足関節)という下半身の3代関節を動員し、全身の筋肉量の3分の2ほど占める下半身の筋肉を根こそぎ鍛錬できる。

テストステロンの分泌量を増やすのに適切なのは70%1RM(1回しか上げられない最大負荷の70%)とう負荷。
1度に10~12回前後しか反復できない重さである。
ダンベルなどの重みで調節できない場合、抵抗を加える時間で負荷を上乗せするスロトレでOK.
ゆっくり動いて10~12回でオールアウトしよう。
これを60秒間の身近いインターバルで3セット行うのがベストだ。

シアリスとテストステロン増加でED治療と勃起力を!

佐藤弘道公式シアリスを飲むと